なぜ?コーヒーを飲むと下痢になる原因と対処法

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

コーヒーは好きだけれども、飲むと下痢をしてしまうという人も、実は少なからずいるのです。

『飲みたいのに、飲めない』は、辛いですよね。。

 

コーヒーへの耐性については個人差があったり、その日の体調が影響したりします。

あるいは、あなたがコーヒーの飲み方を間違っているのが下痢の原因になっている可能性も!?

そこで、コーヒーを飲むと下痢をしてしまう原因と、下痢にならない飲み方、対処法をご紹介します。

 

安心して大好きなコーヒーを飲むためにも,しかり理解しておきましょう!

 

下痢の原因

コーヒーを飲むと下痢になるのはいくつかの理由があります。

コーヒーに含まれているカフェインクロロゲン酸などの成分が原因であったり、コーヒーアレルギーであったり、コーヒーに入れる砂糖やミルクが原因だったりと可能性はいくつか考えられます。

 

コーヒーのカフェインが原因になる

なぜ?コーヒーを飲むと下痢になる原因と対処法:カップに入ったカフェモカ

カフェインには交感神経を刺激する作用があるので、胃腸の活動が正常にならなくなることがあります。

胃腸の活動がうまくいかなくなると、水分が体内で十分に吸収されなくなり、その結果、下痢になるのです。

コーヒー以外にも、紅茶、ウーロン茶、玉露などにも含まれているので、そのようなものでも腹痛や下痢を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

 

コーヒーのクロロゲン酸が下痢の原因になる。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には胃酸の分泌を促進する働きがあり、特に空腹時にコ-ヒーを飲むと、必要でないのに胃酸が大量に分泌されてしまうことがあります。それが胃痛を引き起こして、下痢の原因につながることがあるそうです。

 

タンニンが下痢の原因

タンニンとは渋みや苦みの元になるポリフェノールの一種。

コーヒーを飲みすぎてタンニンを摂取しすぎると、腸の粘膜に刺激を与えすぎてしまい、下痢の原因になってしまうこともあります。

 

コーヒーに砂糖を入れすぎているから?

なぜ?コーヒーを飲むと下痢になる原因と対策法:コーヒーと砂糖とミルク

実はコーヒーの害ではなく、砂糖が原因で下痢を起こしている場合もあるのです。

砂糖で血糖値が上がると、体内の浸透圧も上昇し、腸の粘膜は、浸透圧をもとに戻そうとして水分を出すので、それが下痢につながってしまうのです。

砂糖入りのコーヒーを飲みすぎたせいで腸内環境が悪化して下痢になるというわけですね。

 

コーヒーフレッシュが原因?

実はコーヒーに入れる『コーヒーフレッシュが原因だったりします。レストランやカフェでも幅広く利用されていますよね。

実はコーヒーフレッシュは、サラダ油などの植物油と、水と、乳化剤を加えて混ぜて、ミルクに似たようなとろみをつけているもので、添加物も数多く含まれています。

この乳化剤が腸管の中での支出吸収が悪いため、下痢を起こしてしまう原因ではないかと言われています。

コーヒーフレッシュの代わりに、ミルクや豆乳などを使用したほうが安心ですね(^^♪

 

コーヒーの酸化が原因

コーヒー豆は鮮度が大切であり、一度焙煎すると時間の経過とともに少しずつ酸化がすすみます。

酸化したコーヒーは、酸味が増して味が落ちるだけではなく、胃への負担も増えますので、その結果、下痢をしやすくなります。

 

過敏性腸症候群

過敏性症候群とは、おなかの痛みや調子が悪く、それと関連して便秘や下痢などのお通じが数か月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。

ストレスや疲労などが原因でおなかがゆるくなったり、下痢になったりと、腸の調子が悪くなる症状です。

過敏性腸症候群で、おなかが緩めのときにコーヒーを飲むと、カフェインの刺激で腹痛が起きることもあります。

もともとおなかの緩めの方は、コーヒーなどカフェインを含む飲み物を避けたほうが良いかもしれませんね。

また、過敏性腸症候群は、水分の摂取によっても左右されます。コーヒーなどカフェインを飲んだ後は脱水をもたらし、症状を悪化させることもあるので注意が必要です。

 

アレルギーが原因?

コーヒーアレルギーというものがあり、症状としては、下痢・吐き気・湿疹・気分が悪くなる・手が震えると言った症状が出る可能性があります。

すべてが出るということではなく、どれか一つが出てくるという場合もあります。少し飲んだだけでも何かしらの症状が出る場合は、病院で診てもらうと解決するかもしれません。

コーヒーアレルギーは時には数日経ってから症状が出ることもあるので、その原因がコーヒーだとは気づかない場合もあります。

 

体の冷えによる下痢

コーヒーには体を冷やす作用があり、体が冷えることで下痢をしやすくなります。また、アイスコーヒーで飲む場合は、さらに体を冷やしてしまうことになり、下痢をしやすくなると言えます。

 

美味しくコーヒーを飲むための対策法

なぜ?コーヒーを飲むと下痢になる原因と対策法:コーヒーカップとドリップ道具

では、下痢にならない飲み方とは?

どうすれば、大好きなコーヒーを飲みながら、腹痛を避けられるのか、対策法を見ていきましょう。

 

コーヒーを飲みすぎない

まず何よりもすべきなのは、コーヒーを飲みすぎないこと!!

一日に3~4杯くらいに制限しましょう。また、一気に飲まずに、一度飲んだら少し感覚を開けるようにも意識しましょう。

 

空腹時にコーヒーを飲まない

なぜ?コーヒーを飲むと下痢になる原因と対処法:コーヒー

空腹時にコーヒーを飲むと胃が刺激されて必要以上に胃酸が出てしまうので、空腹時にコーヒーを飲むのは避けたほうがいいでしょう。

特に午前中は腸の働きがほかの時間よりも活発。起床後2時間はコーヒーを避けたほうが、腸の動きも落ち着きます。

 

お湯の温度を80度にする

インスタントコーヒーなどを90度以上のお湯で淹れると、カフェインやタンニンが多く溶けdして下痢の原因になる場合があるようです。

コーヒーを淹れるときは80度程度のお湯で淹れることで、カフェインやタンニンが溶け出すのを抑えることができるようです。

 

ミルクを入れて胃を保護しながら飲む。

牛乳には胃壁を保護する、胃液の酸性度を抑えるなどの意に優しい飲み物。

胃に負担をかけないように牛乳を入れて飲めば、ブラックで飲むよりも、胃に優しくなりますね。

できればホットで飲みましょう。

 

カフェインレスコーヒーを飲む

カフェインが含まれているコーヒーより、刺激は少なく、安心して飲むことができます。

妊婦さんや授乳中のママも、安心して飲むことができます。

最近はカフェインレスコーヒーの技術も進歩していて、コーヒーの味をそこまで変化なく楽しむことができますよ!

 

まとめ

なぜ?コーヒーを飲むと下痢になる原因と対策法:可愛いミルクポット

いかがでしたでしょうか?

コーヒーは飲む量を気をつければ、健康にも美容にも良いものです。

コーヒーの飲み方の工夫で、腹痛や下痢の心配なく、安心してコーヒーを飲むことができそうですね。

  • コーヒーを飲み過ぎない
  • 空腹時にコーヒーを飲まない
  • お湯の温度を80度にする
  • ミルクを入れて胃を保護しながら飲む
  • カフェインレスコーヒーを飲む

 

下痢をすると体の水分が喪失してしまうので、下痢の後は水分補給を忘れずに!

 

お腹に優しくしましょ♥