意外だった!アメリカンコーヒーの正体

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

カフェのメニューでもよく見かけるアメリカンコーヒー。

アメリカンは薄いだけじゃない味や魅力がるのですよ♥

アメリカンコーヒーを知って、より深いコーヒーの楽しみ方を感じてみて下さいね♪

アメリカンコーヒーとは?

コーヒーとノートとグリーン

正式名称はアメリカン・ロースト・コーヒー

アメリカンコーヒーとは浅く焙煎くしたコーヒー豆を使い、多めのお湯で抽出したコーヒーのことを指します。

コーヒーに水を足して薄くしたというイメージですが、そうではなくて焙煎を浅くしているのですね。

 

特徴は、焙煎が浅いシナモンローストで入れたコーヒーが代表的。

焙煎が浅いため苦味は弱く、酸味が強いのが特徴です。

通常はブラックで味わいます。

 

アメリカンコーヒーは和製英語ですので、日本でしか通じない名称です。

アメリカでは『weakcoffee』とよばれているものが、アメリカンコーヒーに近いものです。

 

意外!!実はカフェインが多め

アメリカンコーヒーは色が薄く、紅茶に似ていますが、

苦味は弱くて飲みやすいのですが、実はカフェインは多めです!!

カフェインは、焙煎によって順に減ります。

焙煎が浅いとカフェインが多く残ることになりますので、焙煎が浅いアメリカンコーヒーは、カフェインが多いのです。

アメリカンコーヒーとブレンドの違い

アメリカンコーヒーは、浅く焙煎した豆を使ったコーヒー。

一方でブレンドコ-ヒーは、さまざまなコーヒーがミックスされたものを指します。

 

すっきりとした風味のアメリカンに対し、ブレンドは複数のコーヒー豆を合わせることで、単品では味わえないコクや風味を感じることができます。

どちらを選ぶかはあなたの自由♥

アメリカンコーヒーの作り方

難しい技術は必要なくシンプルで、誰でも簡単に美味しいコーヒーを入れることが出来ます!

アメリカンコーヒーを抽出する時は、お湯の注ぎ方を意識するのがポイント!

通常のドリップコーヒーよりもお湯の量を多めにお入れて抽出スピードを早め、短時間でさっと抽出します。

フレンチロースト程度の豆1杯分で、2杯分のコーヒーを抽出するとちょうどよいアメリカンとしての味が楽しめます。

 

アメリカンコーヒーを入れる時は、なるべく高品質な、焙煎してあまり時間のたっていない豆を選ぶと、美味しいアメリカンコーヒーができますよ(^^♪

程度の悪い豆を使うと即味に出てしまいます。

アメリカンとアメリカーノの違いとは?

では、『アメリカーノ』とは何者なんでしょう?

時々、カフェのメニューで見かけたことはありませんか?

アメリカーノとアメリカンは全く別物の飲み物です!!

アメリカーノは、カフェ・アメリカーノと呼ばれたりもします。

濃いエスプレッソコーヒーにお湯を注いで作るスタイルのコーヒーのことを言います。

味としてはレギュラーコーヒーに近く、後味はすっきりしています。

エスプレッソ抽出なので、使用する豆は、フレンチローストやイタリアンローストなどの深煎りの豆を使います。

  • アメリカンコーヒーは、浅煎りで入れた色合いの薄いコーヒー
  • アメリカーノは、お湯で割ったエスプレッソ

ということになりますね☕

 

名前は似ていますが、味わいは全く違う感じですね。

あなた好みはどちらでしょう♥飲み比べてもいいですね♪

まとめ

カフェイン 効果:テーブルにコーヒーがある生活

アメリカンコーヒーについて、いかがでしたでしょうか?

コーヒーに水を足して薄くしたと言うイメージでしたが、そうではなく、焙煎を浅くしたものでした。

 

アメリカンコーヒーは、焙煎による味の変化が少ないので、コーヒー豆そのものの香りや味の個性を楽しめる飲み方ですね。

コーヒーの苦味が得意でない方も、アメリカンコーヒーから始めると抵抗が少ないかもしれませんね。

 

ユリペも本日はアメリカンコーヒーを楽しもうっと(^^♪

 

ではまたです♥