あなたにぴったりの美味しいコーヒー豆の選び方

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

豆を知らなければ美味しいコーヒーは作れませんよ!

まずは、美味しいコーヒー豆を知ることが、最高の一杯を作る第一歩です!

今回はコーヒー豆の正しい選び方と、豆知識をご紹介します。

コーヒー豆の選び方

ハート形を形どったコーヒー豆

嗜好品であるコーヒーは、万人にとって美味しく感じれれる味を想定するのは難しいですね。

酸味、苦み、甘み、コク、キレ等、コーヒーが持つ味わいや香りの中で、 自分が一番こだわりたいポイントを押さえて、コーヒーを選ぶことが重要!

どんなコーヒー豆を選ぶかによって味わいに大きな違いが出ることになります。

自分のお気に入りの味に出会えた時は感動しますよ~♪

コーヒー豆の種類

コーヒー豆の種類はたくさんありますね。
今回は代表的な銘柄の味わいの特徴をご紹介します。

どうやって自分好みの味を見つければよいか参考にして下さい♥

飲用に栽培されているのは主に「アラビカ種」「ロブスタ」の2大品種です。

 

*アラビカ種

世界各地で栽培され、高品質なレギュラーコーヒーとして提供されています。

 

*ロブスタ種

個性豊かな多くの品種を持つ。成長が早く果実が多く実る。
酸が少なく、香味ではアラビカ種に劣る。インスタントコーヒーなどの原料になります。

産地によっても変わる豆の個性

産地によって味も香りも変わるを生豆の個性を覚えておきましょう。

ストレートで飲めば、産地ごとの特徴や個性、香りなど、豆本来の味が引き出され、美味しさをダイレクトに堪能できます。

自分が好きな味がどの銘柄に近いか覚えておけば、コーヒー豆を選ぶ際にも役立つはずです。

 

タンザニア

きれいな酸味を感じるなら『タンザニア』

 すっきりとした酸味系が特徴。酸味を活かすため、フレンチのような深煎りはしてはダメ。
代表的な産地:タンザニア・ハワイコナ・コスタリカ・パナマ

マンデリン

深い苦みが好みなら『マンデリン』

コーヒーの苦みは焙煎によるもの。苦味系のコーヒーは、深煎りに向いた種類です。

代表的な産地:ブラジル・インドネシア・ケニア

 

コロンビアブルボン

ふんわりとした甘さが好みなら『コロンビアブルボン』

コーヒー本来の甘さとは、後味に残るふんわりとした甘い感覚を指します。
品質が高い方が甘い香味を感じることが出来ます。

代表的な産地:コロンビア(ブルボン)グアテマラ(ブルボン)、ケニア

 

カメルンピーベリー

香が強く個性的 個性的な豆と知られる『ピーベリー』
通常2つ入っている平豆が、1つしかないため味も香りも濃厚です。
産量が少なく稀少

代表的な産地:グアテマラーケニア、パプアニューゲニア、ブラジル

 

ブラジル

バランスのとれた味わいはの『ブラジル』

酸味と苦味のバランスに優れ、どんな焙煎にも向いています。

ブレンドの際は味のベースになり、空いて豆の個性も引き出せる。

代表的な産地:ブラジル、コロンビア、インド、パプアニューギニア 

コーヒー豆の粒の大きさでも味が変わる!

スプーンでコーヒー豆をすくう

コーヒー豆の粒の大きさは、小さいもので5mm前後、大きなもので8mm前後と、かなりの差があります。
この差が、コーヒーそのものの品種の違いや、産地や生産農家の違いなど複数の要素が絡みあって生まれ、味や香りを左右します。

粒が小さい豆

小さな粒の中に濃厚な味が凝縮。甘みも強く個性的な味わいのものが多い。

 

粒が大きい豆

焙煎すると軽やかですっきりする後味。切れのある味わいに。

コーヒー豆・お店で探す

自分好みのコーヒーをお見せで探したい方は、挽き売り店やコーヒー専門店に行ってみましょう。

販売員の方におすすめの豆やお店で人気の豆を選んでもらうのもいいですね。

 

コーヒー豆選びで迷ったら、ブレンドをお薦めします!!

ブレンドは、それぞれの豆の持ち味や良いところを活かしながら、数種類のコーヒー豆を合わせ、1種類の豆だけでは出せない味わいを楽しむことが出来ます。

コーヒー豆の購入ここをチェック!

コーヒー豆は鮮度が命!

焙煎からなるべく時間がたってないものを選びましょうね。

コーヒー豆の選び方:コーヒー豆の焙煎日が記載

このように、焙煎日が記載してあります。

コーヒー豆保存方法

お店で購入したコーヒー豆の保存方法は大丈夫でしょうか?

せっかくいい豆を購入しても、保存方法がよくないと、せっかくいい豆を購入しても美味しく飲むことはできません。

一般的にはコーヒーの保存の缶のような遮光性があり、密閉性のできる容器がベストです。

 

  • 冷蔵庫や冷蔵庫で保存する場合は、必ず密閉する

 

  • 焙煎後2週間程度ある場合は、冷蔵庫が良い

 

  • コーヒー粉(豆)は周りの臭いや湿気を吸収してしまうので注意!

 

  • 小分けして保存するのがベスト!(できれば豆の状態で保存するのがよい)

 

常温に戻したときに温度差による結露にも気を使う必要があります。

粉で保存する場合は、早めに使うようにしましょう。

飲み切る量を購入するのがいいですね。

2か月後でも適切な保存方法をしていれば美味しく飲むことが出来ます。

 

ちなみにユリペが使っているのはこちら!!

たくさん飲むのでデカいです!(笑)

真空容器です。ホームセンターで購入できます。

コーヒー豆は空気に触れるだけで老化が進むので、美味しくコーヒーを飲むためにも保存には気を使っています♥

豆タイプと粉タイプの違い

お店では、豆と粉のどちらを購入するかを聞かれます。

お好みで選ぶと良いでしょう。豆で購入した方が粉に比べて長期間保存でき、味の酸化も緩やかです。

豆タイプ

豆を購入すれば自分のこだわりのミルとともに、コーヒー豆を挽くことから抽出するまでのひと時を、ゆったりと楽しむことが出来ますね。

コーヒーが最も香りを発するのは豆を挽いた瞬間でありますからね。この香りが好きなので、ユリペは豆のまま購入しています。

粉タイプ

あらかじめ豆をミルで挽いたものが粉タイプです。

豆を挽く手間がなく、手軽に楽しむことが出来るので、コーヒーをたくさん飲まれる方にはおすすめです。

ドリッパーやサーバーがあれば、簡単にレギュラーコーヒーが楽しめますね♥

水も大切

美味しいコーヒーを飲むためには、低品質な水も、コーヒーに大きな影響を与えます。

水はいつも新鮮なものを使用しましょう。

分量も大事です。豆と水の理想的な割合は豆大さじ(10g)に対して6オンス(約170g、コーヒーカップ一杯分です)使用する豆の量でコーヒーの濃さを調節します。

最高の一杯のコーヒーを入れるためには、すべてにおいてバランスがの重要です。

コーヒー豆を食べる

あなたは食べたことがありますか~?
な・なんと!コーヒー豆は、そのままポリポリと食べることが出来ます。

かなり刺激の強い味なので、お子様や妊婦さんは食べない方がいいですね。
健康上、害になることはありませんが、無農薬のコーヒー豆を選ぶのが無難です。

得られる健康効果

リラックス効果・脂肪燃焼効果・動脈硬化予防・・などがあります。

その他に、コーヒー豆は臭いの強い食事をした後に、2~3粒をよく噛んで食べると、口内の消臭効果もあるのです。

う~ん、コーヒー豆って、ポテンシャルの高いなかなか良い食材なのね♥

 

まとめ

カフェイン 効果:テーブルにコーヒーがある生活

コーヒー豆について、いかがでしたでしょうか?

カフェでお茶を楽しんだ後に、帰りに豆を購入したり、ギフトを眺めたり、豆の情報などを聞いたりするのも良い時間ですね♪

 

日々コーヒーを飲んでいると、徐々にこだわりも出てくるものです。
どんな豆を試したいかを考えるのも楽しみですね!

可愛らしくて自分のイメージに合ったネーミングを試してみるのもいいですよ!

あなた好みの豆を見つけて下さいね♥