知らないと損する?カフェインの効果

カフェイン 効果:テーブルにコーヒーがある生活 コーヒー知識

こんにちは!ユリペです(^^♪

コーヒーの健康効果について考える時に外せないのが「カフェイン」

実はカフェインて体によい効果がいっぱい!!

知らないと損しちゃいそう。。。

なぜかと言うと

カフェインの適量摂取は、身体的活動、精神的活動のどちらにおいても良い効果があるんですって!

カフェインの安全性、代謝、健康に及ぼす影響についてまとめてみました!

カフェインとは何ぞや?

カフェイン 効果:テーブルにコーヒーがある生活

カフェインとは、アルカロイドという科学物の仲間であり、コーヒーや茶葉などの食品に含まれる天然の食品成分の一つです。

カフェインには様々な効果があります。

カフェインの代表的な効果

カフェイン 効果:女性とコーヒー

覚醒作用

カフェインは、「ノルアドレナリン」という興奮した状態にさせる神経遺伝物質の生成を促します。

この覚醒作用によって眠気を覚まし、疲れを感じにくくさせるのです。

眠気覚ましの味方になりますね♥

鎮痛作用

カフェインの鎮痛作用は頭痛薬や風邪薬などに活用され、痛みを沈めてくれます。

鎮痛作用は、脳の疲れや頭痛、筋肉痛などの痛みを和らげるので、
結果として、疲れが取れたと感じます。

記憶力の向上

カフェインには、記憶や学習、認知などの機能を高める効果があります。

適量のカフェインには、短期と長期の両方の記憶をつかさどる脳の「海馬」部分に影響を与えることが米研究で判明。

カフェイン摂取後の24時間は記憶力がアップするそうですから、逆算して摂取してみて下さいね!

消化を助ける

カフェインを取ると、血管を広げて血液の流れを良くする働きがあります。

腎臓の働きがよくなり尿が出やすくなります。

さらに、消化管を刺激し胃酸の分泌を促すと言います。
満腹時にコーヒーを飲めば、カフェインが消化を助けて胃の負担を軽くする効果があります。

疲労回復効果

大脳の精神機能を抑制させ、感覚や知能活動を敏感にする働きや、疲労感を解消する作用です。

コーヒーに含まれるカフェインには、神経伝達物質である「ドーパミン」を増加させる働きが期待されています。

やる気を起こさせるドーパミンの刺激によって、疲れを忘れさせる効果があるとされます。疲れを感じた時の頼れる存在として活用しましょう。

肌のシミ防止効果

コーヒーを1日に2杯以上飲む人は、飲まない人に比べてシミが少ないというデータがあるそうです。

クロロゲン酸というポリフェノールが活性酸素を除去して、細胞が傷つくのを防いでくれるので、シミはもちろん、シワの予防にも役立ちます。

また、カフェインには利尿作用もあります。
それによって老廃物を排出しやすくなるので、デトックス効果にも役立ちます。

脂肪分解などのダイエット効果

カフェインを摂取すると、女性にとってはうれしい効果が!!

なんと脂肪分解効果もあるんです!!

カフェインを摂ることによって、交感神経の動きが促進され、食欲の抑制や脂肪燃焼の効果が見込めます。

運動と組み合わせることで、脂肪燃焼効果がさらに高まります。

最近ちょっと太り気味なので((‘◇’)ゞ)これも試してみたいな。。

 ホットコーヒー、アイスコーヒーでは効果が現れるまでに差がある

ホットコーヒーとアイスコーヒーでは、効果が現れる時間が違います。

ホットは30分ほど、アイスは1時間ほどかかります。

「早く効果が出て欲しい!」という時は、迷わずホットコーヒーを選んでくださいね!

紅茶にもカフェインが含まれています。含有量はちょうどコーヒーの半分。

体調や気分に合わせて選ぶと良いですね。

カフェインの効果持続時間について

カフェイン 効果:猫ちゃん寝ている

カフェインの効果はどのくらい継続するか知っていますか?

なんと!カフェインの効果持続時間は30分から8時間

覚醒効果は飲んで30分ほどで現れ、ピークは40分~50分くらい。

覚醒効果を利用したい時は、この時間を逆算してコーヒーを飲むのが効果的な飲み方ですね!

時間を決めて摂取するのも大事です!

カフェインの摂り過ぎには注意!!

カフェイン 効果:眠れずに朝がきた

カフェインを摂りすぎると、夜眠れなくなったり、中毒症状が出てしまう場合があります。

症状が悪化してしまうと、うつ病や精神錯乱、ふくらはぎに起こる「足のこむら返り」などが起こります。

妊娠中や授乳されている方は、カフェインを控えて下さい。

体外への放出が上手くされずに、子供にカフェインが移行して生育に影響が出てしまう場合もあります。また、生理前や生理中に何杯も飲むと生理痛を悪化させたり、冷え性の原因にもなるので注意が必要です。

コーヒーが飲みたくなったら、ノンカフェインで楽しみましょう。

一日どれくらい飲んでいいの?


カフェイン 効果:マグカップは120mg

カフェインの摂り過ぎは体の毒です。大量摂取で死に至ることもあります。

ドキッとした人もいませんか?

でもご心配なく!!

カフェイン摂取での致死量は一度に10g以上を摂取した場合です。

コーヒー一杯の致死量が1杯100mlだとすると、致死量が10gなので、100杯。

一日100杯もコーヒーを飲む人はいませんよね?

そして、一日の摂取量の目安は成人ではおよそ400mg!

コーヒー一杯に約120mg含まれていますから、マグカップ3杯分に相当します。

目安にして下さいね。

この量を超えなければ、カフェインを摂取することによるリスクや副作用が生じることはほとんどないとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • カフェインは飲むことでさまざまな効果をもたらしてくれる
  • カフェインの効果持続時間は30分~8時間
  • カフェインは一日マグカップ3杯を目安にする

カフェインを上手に取り入れることで、良い体に効果を引き出してくれそうですね。

また、コーヒーの香りを嗅ぐと脳にアルファ波が生じ、リラックス効果があることが分かっています。

コーヒーを入れた時のあの独特な香りは何かホットしますよね!

あ~美味しいコーヒーが飲みたくなりました♡