コーヒーを飲むと胸焼けしちゃう…解消法は?

コーヒーを飲むと胸焼けがする? コーヒー知識

ユリペです!

 

コーヒーを飲むと胸焼けしたり、気分が悪くなってしまう人がいるのはどうしてでしょう?

コーヒーの香りは大好きなのに…

なんとなく不安になってしまいますよね…

 

原因は何でしょう?

安心してコーヒーを飲むためにも解消法をご紹介します。

 

胸焼け、カフェインが原因?

コーヒーを飲むと胸焼けしちゃう?解消法

カフェインの作用が胃の粘膜を刺激して、胃酸の分泌を高めるので、健康な人がコーヒーを飲むと消化促進になります。

食後にコーヒーを飲むのもこのためです。

 

しかし胃が弱っている人にとっては、確かに症状を悪化させる原因になるでしょう。

 

ですから、本来コーヒーが体に合わない人でなければ、コーヒーを飲んで気分が悪くなったとしたら、それは胃が弱っていると言う赤信号かもしれません。

その日の体調や気分の影響も受けやすいということです。

 

基本的には、コーヒーは体が活性化している飲み物といえます。

とはいうものの、カフェインには胸焼けを起こすような筋肉を遅緩させる程の効用はありません。

 

胸焼け解消法

大好きなコーヒーを飲んで胸焼けをするなんて、コーヒーが嫌いになっちゃいそうで嫌ですね。

 

解消法は、「胸焼けをしないコーヒーの飲み方」をすることです!

ご紹介していきますね!

 

コーヒーを飲みすぎない

コーヒーを飲むと胸焼けをする 解消法

適量と言うのは人によって多少異なります。

その人の体調や、消化器粘膜にもよります。

 

どうしてもお量を飲みたい人は、ミルクを入れて飲む、薄めのコーヒーを飲むのが良いですね。

脂肪分の少ないクッキーなどを一緒にとると刺激が和らぎます。

 

 

カフェインの安全量についてはこちらの記事を参考にしてみてください!

カフェインの効果 持続時間、安全量はどれくらい?
カフェインには様々な効果があるのを知っていますか?効果持続時間は?摂取していい量はどれくらい?疲労の回復、記憶力の向上、運動の持続力の向上などの様々な効果があるカフェインのすべてについて詳しくまとめてみました!

 

空腹時にコーヒーを飲まない

コーヒーを飲むと胸焼けしちゃう 解消法

食後にコーヒーを飲むのは胃が落ち着くので良いのですが、空腹時にコーヒーを飲むのは注意です!

消化するものは何も胃に入っていないのに、胃酸だけが大量に分泌されてしまい、胃酸過多になってしまいます。

その結果、胃酸が逆流して胸焼けとなってしまいます。

 

ひどい場合は、吐き気や下痢、頭痛も伴ってしまう場合もありますので、注意してくださいね!

 

鮮度の良いコーヒーを飲む

コーヒーを飲むと胸やけをする 解消法

もし品質や鮮度に敏感な味覚を育んだ成人が、コーヒーを飲んだ時、気分が悪くなったり、胸焼けをしたら、そのコーヒーや品質に問題があると考えて良いでしょう。

 

コーヒーを飲んだあと、喉にいがらっぽさが残って後味が悪かったり、胸焼けしたりするのでコーヒーを嫌いになった人の原因の多くは、焙煎してから長時間経った古くて酸敗したコーヒーを飲んだためと考えられます。

 

カフェインレスコーヒーを飲む

カフェインの入っていないコーヒーは、多少、体の受け付け方も違うでしょう。

 

「まったく胸焼けをしない」とは、言えませんが、カフェインに対して非常に敏感は体質な方などにおすすめです。

体に負担をかけないで飲むことが大切ですね。

 

おすすめは、こちらのコーヒー!家族で飲めるカフェインレスコーヒー

森下薬農園のたんぽぽコーヒーはコーヒー好きの妊活には最適!
妊娠中はコーヒーを飲んじゃいけないの?足りない栄養をバランスよく補うには?妊娠中や妊活中のママさんに健康と栄養に関する疑問や不安がありますね。ノンカフェインのたんぽぽコーヒーで解消しましょう!

 

コーヒーと胸焼けについて まとめ

コーヒーを飲むと胸焼けがする 解消法

多くの人はコーヒーを飲んでも胸焼けを起こしません。

多くはコーヒーを飲む前の食事が原因と考えられるのが多いと言われています。

 

組み合わせが悪い場合も考えられますので、何を食べたかチェックしてみてください。

 

体によい飲み方はホットで飲むほうが良いです。

食後にとると、内臓が活性化され、糖の処理がよく行われるようになります!

 

暑い夏にホットコーヒー♪ 私は好きです♡