コーヒーの酸味が苦手?酸味が少ないコーヒー豆の種類

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

 

コーヒー本来の味わいには、コクや苦味、酸味などがありますね。

 

「実はコーヒーの酸味が苦手!」と言う方も結構いらっしゃるのですね。

酸味はほんのりであれば好ましいですが、くどいと嫌われますね^^;

 

甘みを感じるコーヒーの方が日本人向きといいます。

今回は酸味の少ないコーヒー豆の種類をご紹介します!!

 

コーヒーの酸味

コーヒーの酸味が苦手?酸味の少ないコーヒー豆の種類

コーヒーが古くなると酸化がすすみ、酸っぱ味が増えます。

カビてしまっても酸っぱくなりますが、コーヒーが本来持っている酸味は、これとは全く別物で、

コーヒーの持つ旨味としての酸味です。

 

焙煎が浅いほど酸味が強い!

焙煎工程によっても差が出ます!

一般的に浅煎りの段階では酸味が強く、中煎り→深煎りと段階が進むほど酸味がおさえられて、上質な苦みが増し、いわゆる「キレ」のある味わいとなります!

 

酸味が少ないコーヒー豆の種類

では、酸味の少ないコーヒー豆の種類を見ていきましょう!

基準を見つける上で一番わかりやすいのは産地による違いです。

 

産地によって大まかな特徴が別れています。一つの基準として頭にいれておくとよいですね(^^)

 

マンデリン

コーヒーの酸味が苦手?酸味の少ないコーヒー豆の種類:コーヒーチェリーたくさん

インドネシアのマストリアで栽培されているマンデリン

希少性や品質が高いので高級銘柄となっています。

 

特徴は、酸味が少なく苦味成分が強く、コクのある味で、トロピカルフルーツのような独特の香りも楽しめます。

 

ブレンドやカフェオレに適し、濃厚な味のケーキにおすすめのコーヒー豆です。

 

 

クリスタルマウンテン

コーヒーの酸味が苦手?酸味の少ないコーヒー豆の種類:キューバ

キューバ産のコーヒー豆。

甘みと香りが強めで、酸味や苦味は少ない。

少々お値段は高めですが、非常に飲みやすいです。

 

 

サントス

コーヒーの酸味が苦手?酸味の少ないコーヒー豆の種類

南米ブラジルのコーヒー。日本ではブラジルのコーヒーは広く普及していますね。

サントスは「テラローシャ」と呼ばれる玄武岩が風化して出来た赤い土で栽培されています。

 

酸味やクセがなく飲みやすくブレンドに適しています。

チョコレートのような香りと苦味が特徴です。

 

お店の方に聞いて選ぶとよいですね。手堅くカルディに行ってみましょう!

もう絶対迷わない!カルディでのコーヒー豆の買い方
カルディでのコーヒー豆の買い方ってどうすればいい?いつも混んでいるし、初めてコーヒー豆を購入する人には少しわかりにくい?挽き方の番号は?今回は買い方と手順をご紹介します!

 

ベネズエラのコーヒー

コーヒーの酸味が苦手?酸味の少ないコーヒー豆の種類

コーヒーを栽培するのに適した環境である丘陵地帯。標高が高いアンデス山脈やラコスタ山脈で栽培されているベネズエラコーヒー

 

生産量が少なく希少なので、なかなか手に入らないかもしれません!

 

主にアラビカ種が生産されていますが、一般的なアラビカ種より酸味が少なく、やさしい味わいです。

ラテなどのミルク系のコーヒーとの相性が良いです。

 

コーヒーの酸味が苦手?酸味が少ないコーヒー豆 まとめ

コーヒーの酸味が苦手?酸味の少ないコーヒー豆の種類

酸味の少ないコーヒー豆の種類について、いかがでしたでしょうか?

 

コーヒー豆を選ぶ際は、色に注目!!

シナモンのような薄い色は酸味が強いです。

 

色が黒に近づくほど苦味が強くなります。

参考にしてみてくださいね!

 

また、概念にとらわれず『自分の舌』で好みを見つけていきましょう♥

 

ユリペでした!