フレンチプレスで淹れるコーヒーの特徴と魅力は?

フレンチプレスで淹れるコーヒー野特徴と魅力は?:フレンチプレス コーヒー知識

自宅コーヒーをこよなく愛するユリペです。

 

お店で飲む味と同じような味を自宅で再現するためには、道具類にもこだわり、良いものをセレクトしています(^^)

 

器具によって味や香りが少しずつ変化します。

美味しい一杯のためにもこだわりたいですよね♪

 

「抽出」は、美味しいコーヒーにたどり着くための最後のステップ♥

好きな器具を選んで、抽出しましょう!

 

今日は、フレンチプレスをご紹介しますね(^_-)

ヨーロッパで広く普及しているプレス式コーヒーメーカーです。

 

フィルター要らずのカンタン抽出法✌

初心者が挑戦するのにおすすめの器具でもあります!

 

フレンチプレスの特徴

細かいフィルターをプレスして粉をこし淹れるフレンチプレス。

シンプルな構造のコーヒー抽出器具です。

 

フレンチプレスで淹れたコーヒーを飲んだことはありますか?

フレンチプレスで淹れたコーヒーは、液の表面にうっすらとオイル(油分)が浮いています!

 

このオイルには豆の旨味が含まれているので、他の淹れ方にはない深みが出るのが特徴です。

 

▲余計なものがついてなくてシンプルで使いやすく洗いやすい。フォルムも可愛らしい!

 

フレンチプレスの魅力は?

ユリペ
ユリペ

なんてったって一番の魅力は簡単になことです✌

 

特別な技術がなくても誰でも美味しいコーヒーが淹れられることが最大の魅力よ♥

ペーパーフィルターで淹れるよりも楽ちん!

 

粉の量と抽出時間を計れば、誰でも美味しい一杯が淹れられますよ(^^)

 

時間がないけど自分で淹れたコーヒーが飲みたい!という時におすすめです。

片付けやお手入れも洗うだけで簡単!

 

▲安定感のあるデザイン。大きめのマグカップ2杯分が作れます。

 

フレンチプレス 豆選び

フレンチプレスで淹れたコーヒーは、コクがあり飲みごたえの味に仕上がります。いつもよりいい豆を選びましょう。

中粗挽きの粉がおすすめです。

 

ユリペ
ユリペ

基本的にはどの豆でも美味しく淹れられますが、パプアニューギニア、ブルンギなど個性がはっきりしている産地のストレートは、通にはおすすめ!

 

▲お手頃価格。ギフトにもおすすめ。フレンチプレスは0・35Lとコンパクトなので、コーヒー代の節約に会社に持って行けるサイズ! 一緒についてくるコーヒー豆が美味しいとのクチコミが多い。

 

インテリアにもなる手動のコーヒーミルの使い方についてはこちらに詳しく書いてあります。

コーヒーミル 手動 使い方と美味しいコーヒー豆の挽き方の基本
手動のコーヒーミルの魅力について書きました。場面によっては電動のほうがよい時もありますが、普段は手動派。豆を挽いている時間も私に撮っては癒やし♥もし使わなくなってもインテリアとしてお使いいただけますよ!美味しい豆の挽き方のポイントは?

 

フレンチプレス おすすめはBodum

 

▲人気はデンマークのキッチンブランド「bodom」社製。シンプルなデザインと丈夫で使いやすいコーヒープレス。

熱湯を注いで4分待つだけで手軽にコーヒーを淹れることができちゃいます!

 

ユリペ
ユリペ

フィルター部分の目の細かさはメーカーによって異なるので、そのへんを注意しながら購入すると良いですね!

 

コーヒーの油分がキラキラ☆と光っているのもお楽しみ!

ぜひ、香りを持つコーヒーオイルの味をおうちで味わって見て下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか?

コーヒー粉に直接お湯を注いで数分蒸らし、プランジャーを押して使用するだけのフレンチプレス。使い方も簡単で、本来の味を楽しめます。

 

アイスコーヒーや紅茶を楽しむのもよし!

軽くて持ち運びも簡単なので、アウトドアにもよし!

自分の好きなアイテムを側において♥ 楽しいコーヒーライフを!