自宅で楽しむ究極のアイスコーヒーの作り方

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです(^^♪

日本ではポピュラーなアイスコーヒーですが、海外ではコーヒーを冷やして飲む習慣はほとんどないそうですよ。

ひんやりと冷たく、後味もすっきりとしたアイスコーヒーは、特に暑い季節には欠かせませんね。

今回は、簡単に美味しいアイスコーヒーが作れる方法を教えちゃいます♥

豆の挽き方

細挽きが基本です。

さらにあっさり味なら中挽き、濃い味なら細挽きにしても良いです。

究極のアイスコーヒーの作り方

ハンドドリップでいれる

豆本来の味、香りを出すには抽出後、一気に冷やすことがポイントです!

ドリップで作るコーヒーは市販とは違う格別の味わいです。

今回は、一瞬で冷却することが出来る究極の方法を紹介します。

 

*準備するもの

☆ネル(ペーパーでも可能)

☆大き目のドリッパー

☆新鮮な深煎り豆

☆耐熱サーバー

☆沸騰したお湯

 

スムーズに行うために、しっかり準備を整えましょう。

 

1・氷の入ったサーバーにドリップをセット

サーバーには、氷をたっぷり入れておく。ネルを敷いたドリッパにコーヒー粉を入れたら、左右にゆすって表面が平らになるようにする。

 

2・中心から円を描くように注ぐ

大き目のドリッパーとフィルターを使い、90℃前後のお湯を細ポットで円を描くように注ぎ、全体を湿らせる。お湯は、冷めても美味しいものを。

 

3・湿らせたら、そのまま1分ほど蒸らす

1分ほどの蒸らしを行う。新鮮な豆を使っていると、次第に膨らんでくるので、待っている間はその様子を楽しんでみても♥

 

4.ドリッパーの穴の上を目安に静かに湯を注ぐ

豆の層が一番厚い部分で、粉の表面部分をくずさないようゆっくり注ぐ。
滴下するコーヒー液が直接氷に当たるようにして急冷するのがポイント

 

5・最後の一滴まで氷で受けるようにする

抽出したコーヒー液が、最後の一滴まで氷の上にポタポタ落ちるようにドリップできれば合格!

6・ドリッパーで氷を取り除く

熱くなっているドリッパーを流水で冷やした後、氷を除くためにドリッパーを通して

完成です♥

 

お気にいりのグラスでいただきましょう♪

水出しアイスコーヒーの作り方

水出しアイスコーヒーは、深い風味とコク、まろやかな口あたりが楽しめます。

麦茶のようにバッグを入れるだけの簡単な水出しコーヒーの淹れ方をご紹介。

手頃にまろやかな味を楽しむことが可能です。

 

1・ポットに水出しバッグを一袋入れる。

ポットに1リットルの水を入れたら、中に深入り豆(中挽木)を詰めた水出しバッグを入れて、しっかりとフタを閉める。

お水は常温を用意しましょう。

 

2・フタをして、冷蔵庫に2日~3日置く

豆が新鮮なほど、抽出時間が長くかかります。

新鮮な豆をじっくり抽出すると味わいも格別。

忘れたころに出来上がるくらいの気持ちで、冷蔵庫に放っておきましょう。

濃い茶色になるくらいが出来上がりの目安です。

 

熱による酸化を防ぐことができるため、抽出後に時間をおいても味も変わらず、美味しくいただけますよ!

ホットコーヒーとアイスコーヒーの入れ方の違い

*ポイント1

焙煎の風解コーヒーを使う冷たくてもコクのある味わいが出せるように、ホットコーヒーを入れる時よりも焙煎度が深めのコーヒーを選びます。

 

*ポイント2

ホット、コーヒー粉は多めで、お湯は少なめに!

一杯分当たりのコーヒー量は、ホットの時よりやや多めの12~15g程度。

注ぐお湯の量はホットの時よりやや少なめに注ぐのがポイントです。

アイスコーヒーは、熱いコーヒーを抽出してから最後に氷を注いで一気に冷やすことで完成します。

氷が解けて薄まることを考慮し、はじめから濃いコーヒーになるように抽出します。

まとめ

アイスコーヒーの作り方:グラスに入ったアイスコーヒー

アイスコーヒーの入れ方、いかがでしたでしょうか?

手間をかければ、すっきりと美味しいアイスコーヒーが作れますね。

  • 豆は深煎りを選ぶ
  • 2倍濃縮を抽出
  • たっぷりの氷で急冷

 

ポイントさえ押さえさえれば本格的なアイスコーヒーができますね。

ちょっと手間をかけて極上の一杯を♥

 

寒い冬にアイスコーヒーも悪くないですよ♪