カフェインの取りすぎはヤバイ?中毒症状も!

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

大好きなコーヒータイム♪

皆さんは一日にどれくらい飲んでいらっしゃいますか?

 

カフェインは、中枢神経を興奮させて眠気をはらい、集中力を高めるといった効果をもたらす一方で、摂取しすぎると、頭痛・不安・心拍数の増加・不眠・嘔吐・下痢などを引き起こします。

海外では、子供がカフェイン入りの栄養ドリンクを過剰に飲み過ぎて死亡したケースがありました。

 

では、自分にとっての安全なカフェイン量はどれくらいなのでしょうか?

『最近カフェインの取りすぎ?』『コーヒーを飲みすぎている』と感じている方に、カフェインによる副作用や、対処法をご紹介します。

 

カフェインの取り過ぎで起こる症状

日頃から大量にカフェインを取っていたり、短時間で大量に摂り過ぎてしまうと、『カフェイン中毒』になってしまう可能性があります。

 

カフェイン中毒の症状とは?

コーヒーや紅茶に含まれているカフェインには中毒性があり、知らず知らずのうちに『依存症』に陥りやすいのです。

カフェインを過剰摂取してしまうと、薬物ほど深刻ではなくとも、精神疾患として認められる『カフェイン依存症』に陥ってしまうこともあります。

カフェインを摂取しないと、こんな体の不調が現れる・・・という場合は、カフェイン依存症の可能性があります。

 

でも、カフェインを摂取すると一時的に治ってしまう場合もあるので、自分がカフェイン中毒だと気づかない人もいます。そして、またカフェインを摂取して切れると、頭が痛くなる・・・そんな悪循環をしてしまいます。

 

カフェインを摂りすぎてしまって出る様々な症状

では、あなたは大丈夫?カフェイン依存症チェック!

カフェインを常用している方は、体内のカフェイン濃度が低くなると、

  • 頭痛
  • 集中力がなくなる
  • 疲労感
  • 不安になったり気分が落ち込んだりする
  • 嘔吐が起こる
  • 眠気
  • 動機
  • 気持ち悪い

などの症状が起きるとされています。

カフェイン中毒『慢性』と『急性』の違い

カフェイン中毒には、急性中毒と、慢性中毒の2種類があります。

急性中毒は一気にたくさん飲むことで、視界がゆがむ・幻聴が聞こえるなどの症状で、重症になることが多いです。

慢性中毒は長い間カフェインを摂取し続けると怒る症状です。

続けていたカフェインの摂取をやめることで、頭が痛いなどの離脱症状が出ます。

 

その他にも過剰に摂取すると、利尿作用がいきすぎて頻尿になったり、胃液が促進されて胃痛につながったり・・・。

 

また、妊娠中のカフェインの摂取も注意が必要です。

妊娠中に摂取したカフェインは、胎盤を通過して、そのまま赤ちゃんにも届いてしまいやすいと言われています。

本来であれば良い効果も、取りすぎると副作用になってしまうこともあります。

カルシウムの排出を促してしまう効果もあるので、カルシウム不足の方も注意が必要です。

睡眠への悪影響

カフェインは入眠を遅らせ、睡眠時間を減らします。やや多めに取ると、睡眠中の脳の代謝率が高まり、浅い眠りが増え、深い眠りが減って、睡眠障害になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

肌荒れの原因にも!!

肌の生まれ変わりであるターンオーバー機能を促進させるためには、睡眠をしっかりとる必要があるのに、睡眠の質にまで影響を及ぼしてしまうと、肌荒れが進行してしまう可能性があります。

 

カフェインの一日の摂取量は

カフェインの摂り過ぎがヤバイ!中毒症状も!:コーヒーカップを持った女性

カフェインの一日の摂取量は、成人ではおよそ400mg。(コーヒーでは一杯に約120mg含まれている)この400mgを超えてしまうと、様々な副作用が現れます。

カフェイン中毒を予防するためにも、適量でキープすることが重要です。

 

気を付けて!!

実は、カフェインは、コーヒーや紅茶などの飲み物だけでなく、食べ物にもにも含まれています。

チョコレート・抹茶アイス・ブラックガム・お茶漬けの元・カレーライスなど。。。

日常生活で食品から摂るレベルでは問題ありません。

 

敏感になる必要はないと思いますが、覚えておくといいですね。

チョコレートとコーヒーの組み合わせや、想像以上にカフェインを摂取している場合もあります。

 

カフェイン中毒にかかってしまった時の対処法

カフェインに対する特効薬はないため、基本的には代謝により体内のカフェイン濃度が下がるのを待ちます。

水を多めに飲んで、血中のカフェイン濃度を下げるようにすると症状が早く収まる可能性があります。

 

脱カフェイン!してみる

ノンカフェインやローカフェインなど、カフェインが融合されていなくても、コーヒー風味やお茶を楽しむことができます。

カフェインレスコーヒー・たんぽぽコーヒー・黒豆茶・そば茶・どくだみ・ハーブティーなど。

妊婦さんも安心して飲むことができますね(^^♪

 

まとめ

カフェインの取り過ぎがヤバイ!中毒症状も!:木のテーブルの上にコーヒー

いかがでしたでしょうか?

コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインは、摂取量を守ることで、良薬の一面を見せますが、取り過ぎはよくありませんね。

コーヒーの特徴をよく理解して、上手に生活に取り入れてみてください。