コーヒーの味は焙煎で決まります!

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

今回は『焙煎』についてです♪

焙煎という言葉をご存じの方は多いはず。。

では、具体的にはどんな作業なのか?ご紹介したいと思います。

 

香り、苦み、酸味・・・コーヒーの味わいは焙煎で決まります。

そう!焙煎が豆の味を大きく変えます!

どんなに品質が良い生豆でも、焙煎がいまくいかなければ、本来持っている味を引き出すことはできません。

逆に、ローグレードの生豆でも、焙煎がよければ個性を生かした味わいのあるコーヒーになります。

焙煎とは

焙煎(ロースト)とは、コーヒーの生豆を炒り、味と香りを引き出す加熱作業のことです。

味も香りもない生豆の状態から、コーヒー特有の味や香りが生まれるのが焙煎の工程。

コーヒー豆の成分は、熱が加えられると変質し、それに伴って味や香りも変化していきます。

それだけに、焙煎は豆の個性を決定付ける重要と言える工程なのです。

 

焙煎前の生豆

コーヒーは焙煎で決まる:焙煎前の生豆

生豆は新しいほど緑色が強く水分を多く含んでいるが、時間の経過とともに水分が抜けて黄褐色へと変化する。

この熟成具合によって、味も香りも少しずつやわらかくなる。やわどちらの品質が良いと言うのではなく、個性の一つと捉えましょう。

 

焙煎後の豆

コーヒーの味は焙煎で決まる:焙煎後のコーヒー豆

 

焙煎の基礎知識

焙煎が浅いほど酸味が強く、深いほど苦味が増します。

一般的に浅煎りの段階では酸味が強く、中煎り、深煎りと段階が進むほど酸味が抑えられ、上質な苦味が増し、いわゆるキレのある味わいになります。

あなた好みの焙煎度合いはどれかを見ていきましょう。

自分に合った焙煎度合いを知って、豆選びに活用しましょう。

焙煎時間や熱のかけ方の違いによって、コーヒーの風味が大きく変化します。

 

焙煎度は、浅煎り、中煎り、深煎りの大きく3つに分けれます。

最近はさらに細かく、8種類に分ける方法が一般的です。

コーヒーの味は、酸味、苦み、コクなどで表現されますが、一般的には煎り方が浅いほど酸味が強く、カフェインが多く含む豆に仕上がります。

逆に煎り方が深くなるほど、苦みとコクが出ます。

ユリペお気に入りのカフェからいただいてきました。参考にして下さい。

 

ライトロースト:最も浅煎り。香りも微量。飲むには適さない。

シナモンロースト:主にテスト用に使われる。いわゆる浅煎り。

ミディアムロースト:酸味が強い。色は栗色。ストレートコーヒーに適している。

ハイロースト:やさしい酸味。色は濃い茶色。日本では一般的なロースト。

シティロースト:酸味と苦味の中間。一番おすすめのロースト。

フルシティロースト:アイスコーヒーやエスプレッソにはこのタイプ以上の深さが適す。

フレンチロースト:苦みが強くカフェラテなどにちょうどよい。

イタリアンロースト:焙煎には注意が必要。最も深い煎り。あまりおすすめしない。

 

焙煎機の種類で異なる豆の個性

焙煎機の種類には、主に直火式、半熱風式、熱風式の3タイプがあります。

どの機械で焙煎するかにより、仕上がりの特徴が違いますから、豆を選ぶ時の参考にして下さい。

 

直下式焙煎機:苦みやコクを引き出しやすく、香り高いコーヒー豆に仕上がる。

 

半熱風式:豆の個性はつけにくいものの、豆本来の味が素直に出やすい。

 

熱風式:むらなく短時間で煎り上がる。

一度に大量の豆を焙煎できるため、大手コーヒーメーカーの豆は、ほとんどがこの方法で焙煎されています。

焙煎豆は、空気に触れるとどんどん酸化が進み、煎り立ての香りや味わいが落ちるの、焙煎後、1~2週間で飲み切る量を購入しましょう。

自宅で焙煎に挑戦!

自宅で焙煎して自分好みのコーヒーを作れるなんて、夢のような話ですが、意外に簡単に出来る方法をご紹介します。

焙煎期はインターネットやコーヒー専門店で買えますが、今回はお鍋で挑戦!

コーヒーの生豆は低価格で長期保存も可能。コーヒー好きならやってみる価値ありです!!

 

初心者にオススメの生豆は?

まずは、焙煎しやすい豆からトライ!

水分の含有量の少ない豆を用意しましょう。

水分が多いと、中身の水分を出すのが、初心者には難しいからです。

キューバ・ブラジル・メキシコなどの小粒で、粒がそろっているもので、肉薄な品種のものが焙煎しやすくおすすめです。

ミディアムロースト以上の深さに煎ることをおすすめします。

ハンドピックは必ず!!

悪い豆を取り除く、ハンドピックは、地味な作業ではありますが、コーヒーを焙煎する前の重要な作業です。

おいしいコーヒーを飲むためには欠点豆を取り除く作業が大切なのです。

この工程をしないと、焙煎にムラができて味が安定しません。

サイズや厚みを整えると、焙煎時の火の通りが均一になり、焙煎がうまく行きます。

 

用意するもの

自宅で焙煎するための代表的な道具は、ハンドロースター(手網)ですが、これは意外に高価でテクニックが必要です。

そこでもっと安価で手軽に購入できる行平鍋と木べらで焙煎する方法を紹介します。

(行平鍋は、家庭にある中華なべやフッ素樹脂加工のフライパンでも代用できます)

 

1・弱火にかけ、生豆が満遍なく加熱されるよう、木べらでかき混ぜながら、生豆の中の水分を飛ばす。

 

2・7~8分たったら中火にして、さらに混ぜながら加熱する。豆からピチピチとはじけるような音が聞こえます。

 

3・豆が一回はぜたら、弱火にするか、鍋を火から遠ざけながら、1の煎り始めから20分を目安に煎り上げる。

 

4・煎りあげたらザルに素早く移し、ドライヤーの熱風で冷ます。

 

いかがでしたでしょうか?ご自分で挑戦できそうですか?(^^♪

 

*焙煎中には豆からはがれた薄皮(チャフ)が舞うので、気をつけましょう。

手間がかかる自家焙煎ですが、自分好みの味を追求できるのが楽しみなのです♥

焙煎した豆はすぐに使えますが、1~2日置いたほうが、味に落ち着きが出て美味しく飲むことがいます。

 

生豆をいかに効率よく、表面だけでなく加熱して水分を抜き色付けできるかが、焙煎を成功させるかどうかのポイントです。

 

まとめ

焙煎についていかがでしたでしょうか?

おいしいコーヒーを飲むための大切な工程になりますね。

コーヒーの味は焙煎で決まる:コーヒーとシナモントースト

ユリペは休日だったので、焙煎コーヒーのいただけるお店に行ってきました♪

コーヒーは、ネーミングが可愛らしいチャンチャマイヨ(ペルー)をチョイス!

コーヒーのお供にシナモントーストも注文♥

ほのかな甘い香りとほろ苦さが特徴のコーヒーでした♪

 

一杯のコーヒーで幸せ♥ストレスフリーな日常を送りましょう♪