コーヒーの味は焙煎で決まります!

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

 

今回は『焙煎』についてです♪

焙煎という言葉をご存じの方は多いはず…

では、具体的にはどんな作業なのか?ご紹介したいと思います。

 

香り、苦み、酸味・・・コーヒーの味わいは焙煎で決まります。

そう!焙煎が豆の味を大きく変えます!

 

どんなに品質が良い生豆でも、焙煎がいまくいかなければ、

本来持っている味を引き出すことはできません。

 

逆にローグレードの生豆でも、焙煎がよければ個性を生かした味わいのあるコーヒーになります。

 

焙煎とは

焙煎(ロースト)とは、コーヒーの生豆を炒り、味と香りを引き出す加熱作業のことです。

味も香りもない生豆の状態から、コーヒー特有の味や香りが生まれるのが焙煎の工程。

 

コーヒー豆の成分は、熱が加えられると変質し、それに伴って味や香りも変化していきます。

それだけに、焙煎は豆の個性を決定付ける重要と言える工程なのです。

 

焙煎前の生豆

コーヒーは焙煎で決まる:焙煎前の生豆

生豆は新しいほど緑色が強く水分を多く含んでいるが、

時間の経過とともに水分が抜けて黄褐色へと変化する。

 

この熟成具合によって、味も香りも少しずつやわらかくなる。

やわどちらの品質が良いと言うのではなく、個性の一つと捉えましょう。

 

焙煎後の豆

コーヒーの味は焙煎で決まる:焙煎後のコーヒー豆

 

焙煎の基礎知識

焙煎が浅いほど酸味が強く、深いほど苦味が増します。

一般的に浅煎りの段階では酸味が強く、中煎り、深煎りと段階が進むほど酸味が抑えられ、

上質な苦味が増し、いわゆるキレのある味わいになります。

 

あなた好みの焙煎度合いはどれかを見ていきましょう。

自分に合った焙煎度合いを知って、豆選びに活用しましょう。

焙煎時間や熱のかけ方の違いによって、コーヒーの風味が大きく変化します。

 

焙煎度は、浅煎り、中煎り、深煎りの大きく3つに分けれます。

最近はさらに細かく、8種類に分ける方法が一般的です。

 

コーヒーの味は、酸味、苦み、コクなどで表現されますが、

一般的には煎り方が浅いほど酸味が強く、カフェインが多く含む豆に仕上がります。

逆に煎り方が深くなるほど、苦みとコクが出ます。

 

 

まとめ

焙煎についていかがでしたでしょうか?

おいしいコーヒーを飲むための大切な工程になりますね。

コーヒーの味は焙煎で決まる:コーヒーとシナモントースト

ユリペは休日だったので、焙煎コーヒーのいただけるお店に行ってきました♪

 

コーヒーは、ネーミングが可愛らしいチャンチャマイヨ(ペルー)をチョイス!

コーヒーのお供にシナモントーストも注文♥

ほのかな甘い香りとほろ苦さが特徴のコーヒーでした♪

 

一杯のコーヒーで幸せ♥

ストレスフリーな日常を送りましょう♪

 

自宅で焙煎にチャレンジしたい好奇心旺盛なあなた!こちらの記事を参考にしてみて下さい!

Amazonでコーヒー生豆を買って自宅焙煎!レビュー
アマゾンでコーヒー生前を購入し、自家焙煎に挑戦しました!焙煎はポイントを押さえれば自宅で簡単に出来ます!もちろんコスパ良しです!