コーヒーの利尿作用って何時間ぐらい続く?

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

 

コーヒーや紅茶を飲むのは好きだけれど、

気になるのはトイレが近くなってしまうこと。。。

 

お酒を飲んでいると、アルコールの作用でトイレが近くなるという経験されたことはあると思いますが、コーヒーにも同様の作用があります。

 

コーヒーの利尿作用は、コーヒーに含まれている成分『カフェイン』によるものです。

 

他の飲み物に比べて、尿による水分排出が多くなる・早くなリます。

 

では、コーヒーの利尿作用はどれくらい続くのでしょう?

 

カフェインが尿の排出を促進する

腎臓には、血液をろ過して老廃物を『尿』として体外に排出する機能があります。

 

カフェインによって、神経が刺激されると腎臓の血管が拡張されて、

腎臓に送られてくる血液の量が増加します。

 

その結果、「腎臓のろ過機能が促進されて、尿を作り出す働きが高まる」

という仕組みになります。

 

尿量が多くなれば、トイレに行く回数も増えますね。

緊張した時、トイレに行く回数が増えるのもこれと同じようなものです。

 

利尿作用の継続時間

利尿作用 時間:トイレ

では、利尿作用は、いつまで続くのでしょう。

 

一度トイレに行ったのに、また行きたくなる場面もありませんか?

 

コーヒーを飲んで30~45分で、カフェインが吸収され、血中濃度が最大になります。

その後、カフェインの働きは4~6時間持続します。

 

この利尿作用は血液中のカフェインの濃度によるものなので、

利尿作用は、コーヒーを飲んだ後に、カフェインが体の外に排出されるまで継続します。

 

もちろん年齢など個人差もあり、普段カフェインを摂取していない人は、

効果が敏感に出やすくなります。

 

利尿作用によるメリットは?

尿の量が増えると、体内の老廃物が外に老廃物が排出されるので、体の機能が整います。

また、デトックス効果も期待でき、美肌効果やダイエット、またむくみの解消の効果が期待できます。

 

水分補給としておすすめの飲み方

トイレ 利尿作用 :コーヒー

コーヒーは嗜好品です。

尿作用があるため水分補給には適していません。

水分を摂っても利尿作用があるため排出されてしまいます。

 

水分補給の飲料と嗜好の飲料は分ける

レジャーでたくさん汗をかいたときやスポーツをする際は、

きちんと体内に留まる水分の補給を意識して飲み物を選ぶ。

 

 

コーヒーやコーラ、アルコールなどの嗜好の飲み物を飲んだ時は、

水分補給は別と考え、プラスアルファで水分をとりましょう。

 

 

水分補給としても向いているもの

カフェインが入っていないものです。

水、お湯、スポーツドリンク、牛乳などがおすすめです。

 

日常的にコーヒーやお茶を飲む人は、

カフェインレスの麦茶やハーブティーなどをセットで摂取するなど心がけるといいです。

 

 

カフェインレスコーヒーを飲むことで、

利尿作用を心配することなくコーヒーを楽しむことができますね。

 

カフェインレスを飲みたい方におすすめ!

森下薬農園のたんぽぽコーヒーはコーヒー好きの妊活には最適!
妊娠中はコーヒーを飲んじゃいけないの?足りない栄養をバランスよく補うには?妊娠中や妊活中のママさんに健康と栄養に関する疑問や不安がありますね。ノンカフェインのたんぽぽコーヒーで解消しましょう!

 

 

コーヒーの摂取と合わせて、適度な運動を心がけて、

体内の水分バランスをうまく保つことが大切ですね。

 

まとめ

コーヒーと利尿作用と健康効果:ハートの入れ物に入ったコーヒー

コーヒーの利尿作用についていかがでしたでしょうか?

 

カフェイン感受性が高い人と低い人では、個人差もあります。

 

自分の体と向き合いながら、飲む量を調整してみてください。

 

 

ユリペ