コーヒーと健康 体に良い?悪い?

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

 

「飲むと胃が荒れる」

「眠れなくなる…」

かつてコーヒーはどちらかというと、悪者扱いされてきました。

 

しかし、最近、コーヒーのさまざまな健康効果が研究によって明らかにされ

その効能に注目が集まっています。

 

何かとストレスフルな日々を送っている私たちにとって、

コーヒーは日常の癒やし役になりそうですよ!

 

美味しくて、心にも身体にもいいコーヒーの魅力を調べてまとめました。

 

実はすごい健康効果があります!!

 

コーヒーに含まれているカフェインの効果

kコーヒート健康 身体に良い?悪い?:コーヒーを両手で持つ

コーヒーが、体に良い健康効果があるのは、カフェインの力が働くためです。

コーヒーの健康効果を確認していきましょう。

 

リラックス効果

コーヒー 健康 身体にいい?悪い?:ベットに寝ている犬 2匹

香りには脳の活動を変える力があると言います。

コーヒーの豊かな味と香りは気分を安定させてくれますね。

 

仕事や勉強、スポーツなどで疲れた時にゆっくりと飲む1杯のコーヒーには、

心身ともにリラックスさせ、リフレッシュさせる力があります。

 

お気に入りのマグカップでいただきましょう♥

 

糖尿病の予防

コーヒーを飲む人は、糖尿病になるリスクが約4割も低下するという研究調査も出ています。

 

コーヒーに含まれるマグネシウムとインスリンの関係、

カフェインやクロロゲン酸と血糖値の関係などが症状の抑制に効果的に働きます。

 

ポリフェノールとの相乗効果

コーヒー特有の成分であるクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用を持ちます。

これが、ガンの原因と言われる細胞のサビ付き、つまり酸化を抑える働きをするといいます。

 

毎日コーヒーを飲む人は、肺ガンリスクが飲まない人の約半分になるという調査結果も出ています。

 

動脈硬化を防ぐ

動脈硬化を進行させる余韻であるコレステロール。

コーヒーにはこのLDLの酸化を抑える働きがわかっています。

 

また、コーヒーは、血管をつまらせる血栓を溶かす働きが含まれており、

血液をサラサラにし、心血管疾患の予防が期待できます。

 

消化不良を改善し、ダイエット効果も期待できる

コーヒー 健康身体に良い?悪い?:運動してる女性

体脂肪を燃焼させるには酸素が必要ですが、

コーヒーには運動中の酸素摂取量を高める効果があるとされていて、

運動能力向上とダイエット効果が期待できます。

 

一見、運動時のコーヒーは、組み合わせが悪そうなイメージですが、

カフェインの力が働き、思わぬ滞在能力を引出してくれるのですね。

 

女性に良い情報です!こちらの記事を参考にして下さい。

豆乳にコーヒーって太るは間違い!ダイエットに適した飲み方とは?

 

飲み過ぎによるデメリット

コーヒー 健康 身体に良い?悪い?:コーヒーを飲みながら本を読む女性

コーヒーを飲むうえで注意したいのが、カフェインの過剰摂取です。

 

カフェインは、神経を落ち着かせる作用があるという『アデノシン』物質と構造が似ており、
アデノシン受容体に取り付いてしまいます。

 

カフェインによって本来の神経を落ち着かせるという働きが妨害されるため、

神経が興奮するのです。

 

カフェインの過剰摂取により神経が刺激されることで、

心拍数の増加、興奮、不安、震え、吐き気、めまいなどの症状が現れることも考えられます。

注意が必要ですね。

 

カフェインについて詳しくまとめた記事はこちらです。

→カフェインの効果 持続時間、安全量はどれくらい?

 

 

飲み過ぎは何杯目から?

コーヒート健康 身体に良い?悪い?:コーヒーと砂糖

コーヒーは適度に摂取すれば体によい効果が期待できますが、

たくさん飲めばよいというものではありません。適量を守って摂り入れることが大切なのです。

 

カフェインが身体にもたらす影響は個人差があると言われていますが、

世界保健(WHO)によると、

健康な成人なら、1日3~5杯であれば安心して飲んでいただける量です。

 

 

缶コーヒーを毎日飲む人の体への影響は?

コーヒー 健康 身体にいい?悪い?:ベットでリラックスする女性

缶コーヒー派もいらっしゃいますね。

あなたは缶コーヒーをどれくらい飲まれますか?

 

缶コーヒーは、飲む量や種類によっても変わりますので、一概に悪いとは言えませんが、

糖分がもたらす危険性はあります。

 

加糖タイプの缶コーヒーには平均で7.5グラムの砂糖が含まれています。

缶コーヒー185グラム(一缶)角砂糖が3個分になりますので、かなり多いですね。

 

因みに微糖の缶コーヒーの場合は角砂糖1~2個分含まれています。

もちろん、缶コーヒーにもカフェインが含まれていて、

一日に2缶以上を飲むと、カフェインの摂り過ぎになると言われています。

 

健康には、量や種類に気をつけて飲むことが大切ですね。

 

まとめ

コーヒート健康 身体に良い?悪い?:ハートを形どったコーヒー豆

どちらかと言うと、ネガティブなイメージが多かったコーヒーですが、

コーヒーは飲み方を間違えなければ、健康に良い役立つ飲み物です。

 

場面や目的、適量を適したタイミングで飲むことが大切ですね。

 

コーヒーの有効成分を効率よく摂取するためには、濃いめに抽出したドリップがおすすめです。

 

ユリペも仕事の集中力を上げたい時に一杯☕

 

コーヒーは仕事のパフォーマンスを上げてくれますよ!

 

毎日頑張るあなたも♥

 

風味豊かで美味しいコーヒーを飲みながら健康を保ちましょう!

 

 

ユリペでした。