コーヒーと健康 体に良い?悪い?

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

妊婦さんやお子様はお子様は、コーヒーを飲まない方がいいと言われていて、体に悪い、悪くないと論議されるコーヒーですが、正しく摂れば健康と美容に良い強い味方なのです!

『知らないと損するカフェインの効果』の記事でも書きましたが、

健康=カフェインとの結びつきが非常に強いです。

ムリのない範囲で毎日摂取することが健康のカギです!

コーヒーに含まれているカフェインの効果

よく知られているカフェインの効果は覚せい作用です。

カフェインの覚醒作用により、頭をすっきりさせて集中力を高める効果があります。

また、利尿効果があり、体内の老廃物の排出を促進させる効果があります。

他にも、中枢神経を刺激して、自律神経の働きを高めたり、運動能力を向上させたり、
心臓の筋肉の収縮力を強化させたりするなど、コーヒーに含まれるカフェインは、多彩な効果をもっています。

ポリフェノールの効果

コーヒーを両手で持つ

ポリフェノールは、植物が持つ苦味や色素の成分で、活性酸素などから体を守る抗酸化作用の強い成分です。

そのため、ポリフェノールは活性酸素が引き金となって起こる癌や、心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があります。

心臓病・脳卒中・呼吸器疾患の死亡リスク低下

コーヒーを飲む人は、心臓病、脳卒中、呼吸器疾患による死亡リスクが低下するという研究結果があります。

この研究成果によりコーヒーの健康効果が一躍注目されるようになりました。

炎症を予防する効果のあるカフェインと、酸化を防ぐ効果のあるポリフェノールの相乗効果によると考えられています。

コーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸の仲間は、体の中でフェルラ酸という成分に代謝されます。

このフェルラ酸は血小板が固まるのを防ぎ、血液をサラサラにしてくれるため、血管が詰まりにくく脳梗塞や心筋梗塞を防いでくれると考えられています。

また、コーヒーに含まれるカフェインが気管支を拡張する作用があり、呼吸器の機能を改善する効果があるとされています。

若さをサポート

コーヒーに多く含まれる『ポリフェノール』には強い抗酸化作用があります。

  • 肌のシミやシワを抑制する。
  • 血管を丈夫にする
  • 細胞レベルでの活性化が行われる
  • 活性酸素を取り除く

などの作用があり、女性にとって嬉しいアンチエイジングが期待できます

消化不良を改善

コーヒーは消化液の分泌を促進してくれるので、食べ過ぎかなと起こった時にコーヒーを飲むと、胃もたれや胃の不快感を解消してくれます。

コーヒーのリラックス効果

香りには脳の活動を変える力があると言います。

コーヒーの豊かな味と香りは気分を安定させてくれますね。

仕事や勉強、スポーツなどで疲れた時にゆっくりと飲む1杯のコーヒーには、心身ともにリラックスさせ、リフレッシュさせる力があります。

お気に入りのマグカップでいただきましょう♥

飲み過ぎによるデメリット

コーヒーを飲みながら本を読む女性

コーヒーを飲むうえで注意したいのが、カフェインの過剰摂取です。

カフェインは、神経を落ち着かせる作用があるという『アデノシン』物質と構造が似ており、
アデノシン受容体に取り付いてしまいます。

カフェインによって本来の神経を落ち着かせるという働きが妨害されるため、神経が興奮するのです。

カフェインの過剰摂取により神経が刺激されることで、心拍数の増加、興奮、不安、震え、吐き気、めまいなどの症状が現れることがあります。

飲み過ぎは何杯目から?

コーヒーは適度に摂取すれば体によい効果が期待できますが、たくさん飲めばよいというものではありません。適量を守って摂り入れることが大切なのです。

では、一日何杯が安全量なんでしょうか。

カフェインが身体にもたらす影響は個人差があると言われていますが、

世界保健(WHO)によると、

健康な成人なら、1日3~5杯であれば安心して飲んでいただける量です。

缶コーヒーを毎日飲む人の体への影響は?

あなたは缶コーヒーをどれくらい飲まれますか?

缶コーヒーは、飲む量や種類によっても変わりますので、一概に悪いとは言えませんが、糖分がもたらす危険性はあります。

加糖タイプの缶コーヒーには平均で7.5グラムの砂糖が含まれています。

缶コーヒー185グラム(一缶)角砂糖が3個分になりますので、かなり多いですね。

因みに微糖の缶コーヒーの場合は角砂糖1~2個分含まれています。

もちろん、缶コーヒーにもカフェインが含まれていて、

一日に2缶以上を飲むと、カフェインの摂り過ぎになると言われています。

健康には、量や種類に気をつけて飲むことが大切ですね。

まとめ

ハートを形どったコーヒー豆

コーヒーは飲み方を間違えなけれが健康に役立つ飲み物です。

適量を適したタイミングで飲むことが大切ですね。

コーヒーの有効成分を効率よく摂取するためには、濃いめに抽出したドリップがおすすめです。

ユリペも仕事の集中力を上げたい時に一杯☕

コーヒーは仕事のパフォーマンスを上げてくれますよ!

毎日頑張るあなたも♥

風味豊かで美味しいコーヒーを飲みながら健康を保ちましょう!