ネルドリップ(布)の特徴とネルのお手入れ

ネエルで淹れるコーヒーの特徴とお手入れ コーヒー知識

こんにちは!

ゆっくりとした時間が持てそうな時は「ネルで淹れてコーヒーを飲もう♥」とワクワクするユリペです。

 

ネルで淹れたコーヒーは、空気に触れることで味わいがまろやかに変化して美味しいので、「ネルで淹れたコーヒーが一番美味しい!」と言う人も多いですね。

 

ついつい手間を考えると、ペーパードリップで淹れるコーヒーを飲む機会が多いのですが、時間が持てた時は、ネルの登場です!

 

今回はネルで淹れるコーヒーの特徴とお手入れ、家庭で淹れるポイントについてまとめてみました!

ネルドリップで淹れたコーヒーの味の特徴

 

紙ではなく布フィルターで抽出を行う『ネルドリップ』

柔らかい布を使うことで、粉が充分に膨らみ、豆本来の旨味を引き出せます。

コーヒーの微粒子がネルの内側につくため、舌触りがなめらかで丸みのある味わいになるネルドリップ。

 

ネルの目が細かく抽出時間が長くコーヒーのコクが出るので、ネルで淹れたコーヒーは美味しいと言われます。

 

ネルドリップコーヒーを家庭で淹れるコツは?

ネルドリップで淹れる上で、一番大切なのは、しっかりとした蒸らしです

コーヒー粉の一粒一粒に湯を浸透させます。粗挽きの粉がおすすめです。

 

あとは、ネルの保管に気をつけること!

 

自分なりに美味しい淹れ方を探す!

使い捨ての紙と違い、ネルは使うごとに状態が変わるもの。

蒸らし時間や湯量など微調整が必要で、難しい部分もありますが、工夫しがいもあります。

 

淹れ方によって、様々な味わいに仕上げる事ができます。

自分なりに美味しい淹れ方を探しましょう!

蒸らし時間、湯の落とし方を変えることで、美味しく淹れるポイントを探して行きます。

 

 

ネルに適した水を選ぶ

ネルはにおいを吸収しやすい素材のため、カルキ臭のする水道水は、できれば避けたいですね。

浄水器を通した水なら安心です。

 

 

ネルの手入れは必須!

柔らかい味わいを生む決め手はネルの管理。

ネルの扱いには注意が必要です!

 

ネルフィルターが乾燥すると、残ったコーヒーの脂分が酸化しニオイが出てしまいます。

コーヒーの味も損なわれるため、使用後は、ろか布を水で洗い、水を入れた容器の中で冷蔵保存します。

 

ネルの絞りが悪いと、水っぽいコーヒーが出来てしまうので要注意です!

常に清潔に保つことが大切です。

 

ネルは手入れが大変だから敬遠しちゃう?

慣れればお手入れも簡単です。

長く使ったネルは、張替えをするなどのメンテナンスを!

 

ネルドリップで淹れるコーヒーがいただけます!

茨城のサザコーヒー本店に行って分かった!コーヒー一杯3000円でも売れてしまう魅力とは?
茨城県のコーヒー店で有名なサザコーヒー本店に行ってきました!。一杯3000円のコーヒーの味は?地元から愛される理由は?その人気の秘密を紹介します。

 

ネルドリップ(布)の特徴とネルのお手入れ まとめ

ネルで淹れるコーヒートネルの手入れ:ホットコーヒー

いかがでしたでしょうか?

コーヒーの甘みや後味のよさを、たっぷりと引き出せるのがネルドリップ♥

 

手間もかかり高い技術と熟練が要求されますが、慣れてしまえば、これほどしっくりと手に馴染み、コーヒーへの愛情を注ぎやすい道具はないでしょう

 

ネルで淹れたコーヒーは、淹れてすぐだけでなく時間が経ってもまた美味いですよ。

 

本を読みながら穏やかに過ごしたい…そんな午後に飲みたくなる一杯📗☕

 

どうぞ、ゆったりとした気分でコーヒー時間をお楽しみ下さい(^^)

 

ユリペでした。