エスプレッソの正しい飲み方・基本編(イタリア流でおしゃれに楽しむ)

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

 

本日の一杯は『エスプレッソ

苦みが強く、シャープで濃厚な風味が特徴のエスプレッソ。

 

コーヒー豆の成分がぎゅっと♥濃縮された深い味わいが楽しめます。

 

淹れたてをそのままデミグラスカップで飲むことはもちろん、

カプチーノやカフェラテ、さらには無限のレシピが存在するアレンジコーヒーなど、

あらゆる『カッフェ』に不可欠となるエスプレッソ。

 

イタリアではエスプレッソが最もポピュラーなコーヒーとして浸透しています。

エスプレッソの正しい飲み方の基本をご紹介します。

 

今回は少し意外だった?イタリア流おいしい飲み方もご紹介します。

コーヒータイムをオシャレに楽しみましょう!

 

エスプレッソとは?

エスプレッソの正しい飲み方:コーヒーマシン

エスプレッソとは専用のマシーンで9気圧の圧力をかけ、一気に抽出するコーヒーの一種です。

『急行』を意味するエクスプレスが言語で、イタリアで生まれました。

抽出される量は1杯30ccで、豆の香りと味わいが凝縮されています。

 

デミタスカップで飲む

エスプレッソの正しい飲み方:デミダスカップに入ったコーヒー

デミタスカップと呼ばれる小さなカップで飲むのがイタリア式です。

普段ドリップコーヒーを飲むより小さいカップです。

レギュラーサイズの半分のものが主流です。(容量は45ml~90ml)

 

『デミ』は半分

『タス』はカップを意味します。

 

見ているだけでも可愛らしい♪

 

 

アメリカンコーヒーについてはこちらの記事を参考にして下さい。

意外だった?アメリカンコーヒーの正体 ブレンドコーヒーとの違いは?
アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いって?大多数の方がアメリカンコーヒーは、「通常のコーヒーにお湯を足して薄めたもの」と認識されているのではないでしょうか?決して味が薄いだけではないアメリカンコーヒーの秘密は?意外だった?

 

砂糖を入れ混ぜないで一気に飲む!イタリア流のエスプレッソの飲み方

ぜひ一度、イタリアの正しい飲み方を試してみましょう!

 

1・砂糖を入れる

エスプレッソの正しい飲み方

イタリアでは当たり前の飲み方となっているのが、砂糖を入れる飲み方。

日本人の中には、エスプレッソを無糖で飲む人も多いですが、

イタリアでは、エスプレッソは砂糖を入れて飲むのが特徴です。

 

シュガースプーン山盛り1~2杯の砂糖を淹れたエスプレッソをよく飲まれています。

溶けきれない量の砂糖をエスプレッソの中に落として、

飲み干した後の砂糖をスプーンですくって食べます。

 

鮮明な酸味と苦みが加わり、上質なスイーツを食べているかのような味です。

 

スプーンで混ぜすぎない!

エスプレッソの上にある『クレマ』と呼ばれる泡は、

コーヒー豆の中にある二酸化炭素が抽出されたときにできたものです。

 

このクレマには、エスプレッソ特有のアロマを閉じ込める働きがあります。

 

混ぜすぎるとエスプレッソの上にある泡がなくなってしまうため、

台無しになってしまいますので注意ですよ(‘_’)

 

イタリアでは砂糖をたくさん入れるものの、

この「クレマ」をなくさないためにもスプーンで混ぜすぎたりはしないのです!

 

一気に飲む!

小さなカップに入れたエスプレッソの香りを楽しんだ後は、

2~3口で、一気に飲むのがイタリア流エスプレッソの飲み方。

 

普通のドリップコーヒーのようにちびちび飲んではいけません!

 

エスプレッソに限らず、コーヒーは淹れてから時間が経つほど、

冷めていくと芳香な香りが飛んでしまいます。

 

どうぞ、目の前に運ばれたら一気に飲んでください。

また、イタリア・ナポリの地域では、必ずいっぱいの水と一緒に供されます。

水で口をすっきりさせてから味わうのがナポリ流。

 

エスプレッソのカフェイン含有量

味が濃いためカフェインが強いイメージですが、抽出時間が短いので、

カフェインの含有量は普通のドリップ式コーヒーよりも少なくなっています。

 

 

シナモンスティックはどうする?カプチーノの飲み方はこちらの記事を参考にして下さい。

カプチーノの正しい飲み方 シナモンスティックと泡はどうする?
カプチーノの正しい飲み方に、困ったことはありませんか?混ぜるの?混ぜないの?シナモンスティックはどうすればいいの?今回はカプチーノの正しい飲み方をご紹介します。

 

 

家庭で楽しむエスプレッソ

エスプレッソで作るバリエーション豊富なアレンジコーヒー

エスプレッソが美味しく変身!

アレンジコーヒーにはさまざまなレシピが存在します。

 

アイデア次第で自分だけのオリジナルレシピもできそうですよ!

 

いろいろな飲み方を試してみてくださいね。

 

カフェラテ

エスプレッソの正しい飲み方:カップに入ったカフェラテ

エスプレッソに温めたミルクを2:8程度の割合で加えれば、カフェラテになります。

カフェなどでもおなじみで、ラテアートも人気で魅力の一つですね。

 

淹れたてのエスプレッソに、たっぷり入れた牛乳の香りと優しい甘さが、

気持ちのいい朝の食卓に合います。

ナッツやキャラメルフレーバーのシロップを加えると、

さらに風味が増して、おいしくいただけます♥

 

カプチーノ

エスプレッソ+ミルク+フォームミルク

エスプレッソに温めたミルクを加え、その上に泡立てたミルクを乗せたものがカプチーノです。

 

カフェラテとよく似ていますが、泡立てたフォームミルクが加わるので滑らかな口あたりになり、

ミルクの甘みをより強く感じるコーヒーが感じることができます。

 

カフェモカ

エスプレッソの正しい飲み方:カップにラテアートしたコーヒー

エスプレッソ+ミルク+チョコレートショップロップ

チョコレートの甘みとビター感が加わることで、より甘くほろ苦い味になります。

コーヒーが苦手な方でも比較的飲みやすいでしょう。

 

チョコレートソースで描くチョコレートアートも魅力♥

チョコレートアートを描くことでドリンクがより引き立ちます。

 

マキアート

エスプレッソの飲み方:マカップに入ったキアアート

ネーミングがおしゃれなマキアート♥

マキアートはイタリア語で『染み』のこと。

ほんのちょっとの牛乳がエスプレッソの深い味わいを引き立てます。

 

カフェラテとは違った味わいを楽しんで!

いつもは砂糖を入れる人も、まずは入れずにマキアート独特の風味を楽しんでみては。

 

しかし!

エスプレッソは、同じ豆で淹れても人によって微妙に味が違う!

エスプレッソとは、繊細で奥の深い飲み物なのです♡

何度も練習するのが、おいしく淹れるコツです!

 

エスプレッソの飲み方・まとめ

エスプレッソの飲み方:カップにラテアートしたカフェラテ

いかがでしたでしょうか?

 

エスプレッソは苦いだけではなく、コーヒーのうまみが詰まった究極の飲み方ですね。

量は少ない代わりに、濃厚な味わいが楽しめるのも、エスプレッソならでは。。

 

  • イタリア人のように砂糖を入れて飲むのもよし!
  • 淹れたてをそのまま飲んでもよし!
  • ミルクを入れてカフェラテなどのラテアートを楽しむのもよし!

 

 

どのように飲むかはあなたの自由♥

 

至福の一杯で、どんなハッピーを作りましょうか♬

 

ではまたです(@^^)/~~~

 

 

ユリペ♥