サイフォンで淹れたコーヒーの特徴と魅力って?

サイフォンで淹れたコーヒーの特徴と魅力って? コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

 

コーヒーを淹れる方法はたくさんあります。

扱い方や味わいの好みなど…

自分にとって最適なものを選びたいですね!

 

今回はサイフォンをご紹介します。

演出効果が高いのが魅力ですが、サイフォンで淹れたコーヒーの味の特徴って?

 

サイフォンの特徴

見た目も楽しいサイフォンの抽出。

ガラス製のロートとフラスコを使い、蒸気圧の原理でコーヒー液を抽出するサイフォン式。

 

ポコポコとコーヒーを抽出する風景は風情があり、抽出する様子を眺めるのも楽しみのひとつ。

香りを逃さない構造で技術に左右されない安定した味になります。

 

サイフォンで淹れたコーヒーは沸騰する一歩手前でいれるため、出来上がりの温度は90℃以上あります。

ドリップと比べると温度は高めで、コーヒーの香りを一層感じることが出来ます。

 

¥4,903 (2019/07/15 08:55:00時点 楽天市場調べ-詳細)

▲アルコールランプの演出が楽しい。プロのものというイメージが強いですが、コツを覚えれば簡単!

 

 

サイフォンでのコーヒーの淹れ方

1・粉を淹れた上ボールを斜めに差し込んで沸騰を待つ

2・上ボールをまっすぐさし、上がってきたお湯と粉を軽く混ぜる

3・1分加熱し、火を外す。

4・自然と下がるまで待つ。

 

コツと手わざが必要?淹れる人によって味が変わる

サイフォンコーヒーは難しい…という人もいます。

アルコールランプを使用しますので、火加減に注意しなければなりません。

 

加熱時間や途中でかき混ぜる回数、タイミングによって味が左右されるので、

淹れる人によって味は変わります。

 

サイフォンで淹れるコーヒー豆の挽き方

サイフォンで淹れるコーヒーの特徴と魅力:手動グラインダー

豆の持ち味がストレートに出ますから、サイフォンで美味しいコーヒーを淹れるにはいい焙煎加工が施された豆を用いることが必要です。

 

つまり、よい豆でないとだめ!ということです。

お好みにもよりますが、中炒り(シティロースト)のものを結構細かく挽くと、苦味のないコーヒーを淹れることができます。

 

ユリペ
ユリペ

コーヒー豆を購入する時に「サイフォンで淹れる」旨をお伝えすると、適した豆を選んでくれますよ(^^)

 

パーコレーターでのコーヒーの淹れ方はこちらの記事を参考にして下さい。

パーコレーターで美味しくコーヒーを淹れる方法【アウトドア編】
アウトドアやキャンプの好きな人はパーコレーターでコーヒーを淹れてみませんか?パーコレーターで淹れるコーヒーは普段飲むコーヒーとは違った味わい。使い方のコツとポイント、まずくならない!美味しい淹れ方をご紹介します!

 

酸味強い?サイフォンで淹れたコーヒーの味

サイフォンで淹れたコーヒーの味の特徴と魅力って?:ホットコーヒー コーヒー豆

豆の持っている味わいを一番素直に引き出せる抽出方法なので、香りのよいコーヒーを味わうことができます。

 

ユリペ
ユリペ

「酸味が強い」と感じるのその他に撹拌のタイミングや抽出時間がうまくいってないのかも…

また、苦くなってしまうのは、浸し過ぎか、豆選びが適切でないのが考えられます。

 

サイフォンで淹れるコーヒーの特徴と魅力・まとめ

プロが焙煎の良し悪しを確認するのも、サイフォンは最適だといいます。

 

サイフォンの原理は難しいかもしれませんが、香り高いコーヒーを味わえるのが魅力です。

コツを覚えれば私でも^^; 安定したコーヒーを淹れられますよ!

 

ぜひ、サイフォンで淹れた本格的なコーヒーを味わって下さい(^^)

 

ユリペでした。