カフェインを多く含む飲み物比較一覧まとめ

コーヒー知識

こんにちは!ユリペです。

 

今回は、「カフェイン」についてです。

カフェインと言えば、コーヒーを思い浮かべますが、実は様々な飲み物にも含まれています。

カフェインの含有量と、気をつけなくてはいけないことを知っておくと安心ですね。

 

カフェインを含む飲み物をまとめてみました。

賢くカフェインとお付き合いしましょう♥

 

カフェインのメリット・デメリット

私たちの周りには、カフェインの含まれている飲み物・食べ物が数多く存在します。

※一般的なものでいうとコーヒーや、チョコレートです。

 

しかし、カフェインは摂取し過ぎると睡眠障害など、健康を脅かす可能性があります。

カフェインの含有量を知らないと、さまざまな悪影響の原因にもなってしまうので取りすぎには注意ですね。

 

カフェインの安全性についてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

カフェインの効果 持続時間、安全量はどれくらい?
カフェインには様々な効果があるのを知っていますか?効果持続時間は?摂取していい量はどれくらい?疲労の回復、記憶力の向上、運動の持続力の向上などの様々な効果があるカフェインのすべてについて詳しくまとめてみました!

 

カフェイン含有量一覧

*カフェインを含む飲み物一覧表(150mlあたり)

玉露180mg
コーヒー (ドリップ)100mg
コーヒー(インスタント)75mg
栄養ドリンク75mg
抹茶45mg
ココア45mg
緑茶30mg
紅茶30mg
ウーロン茶30mg
ほうじ茶30mg
コーラ15mg

自分のお気に入りの飲み物に、実際に含まれるカフェインの量を知っていれば安心ですね。

ここから先で詳しく説明します。

 

100mg以上カフェインを含む飲み物

皆さんは、食事の時、飲み物はどんな飲み物を選んでいますか?

一口にカフェイン言っても、飲み物によっても大きく含有量は変わります。

 

ここでは150mlで100mg以上カフェインが含まれる飲み物を紹介します。

 

玉露

知って安心!カフェインを含む飲み物一覧・まとめ:日本茶を入れる

特別な製法で作られるうまみとコクの多い緑茶。

カフェイン量はコーヒーの2倍以上!

カフェインは茎よりも新芽に多く含まれるため、新芽や芽先を使う玉露は、含有量が高くなります。

 

結構カフェインが含まれていますが、玉露に含まれる「タンニン」と結合するため、

カフェインの効果を抑えてくれます。

 

コーヒー(ドリップ)

【まとめ】カフェインを含む飲み物一覧:コーヒー

コーヒーの特徴的な成分でもあるカフェイン。

コーヒーの抽出方法や、豆の種類によっても違いはありますが、

コーヒー100mlあたりのカフェイン含有量は、60mg。

 

インスタントよりもドリップのほうがカフェインが多いです。

 

1~99mg、カフェインを含む飲み物

こちらはカフェインが少し含まれている飲み物を紹介します。

意外な飲み物があるかも!?

 

栄養ドリンク

カフェインを多く含む飲み物:栄養ドリンクたくさん

コンビニなどで手軽に購入できる栄養ドリンクは、

ここ数年、エナジードリンクやモンスターエナジーなどの市場が成長しています。

仕事でお疲れのビジネスマンの方が飲まれるイメージもありますね。

 

ジュース感覚で気軽に飲まれる方も多いですが、カフェインも多く含まれています。

より元気になるのは素晴らしいですが、依存症や中毒にも注意が必要です。

 

*1本あたりのカフェイン量

モンスターエナジー(355ml)142mg
レッドプル (250ml) 80mg
リポビタンD (1000mg) 50mg
エスカップ (100ml) 50mg

パッケージやラベルに小さな文字で記載されていますので、きちんと読むことも大切ですね。

一日に何本も飲む方は少ないと思いますが、2本程度に抑えておくのが良いでしょう。

 

抹茶

カフェインを多く含む飲み物一覧:抹茶

玉露と同様に、直射日光をさえぎって栽培した茶葉を、蒸して乾燥させ、

臼で挽いたものが抹茶です。

抹茶の粉末には100gあたり、3.2gのカフェインが含まれています。

 

妊婦さんが飲む場合は、1から2杯程度なら飲んでも問題はないでしょう。

ただし、抹茶は苦みが強く、妊婦さんには刺激が大きいので、

あまり飲み過ぎないよう注意が必要です。

 

紅茶

【まとめ】カフェインを含む飲みもの一覧:紅茶2客とハーブの花

紅茶のカフェイン量は、抽出するお湯の温度や時間、茶葉の種類によっても違いがあるといわれています。

 

アミノ酸の一種の「テアニン」がカフェインの作用を抑制し、

タンニンと結合して体内に取り込まれるため、コーヒーに比べると、作用は穏やかです。

 

ティーバッグの紅茶には、約20mg、

市販のものだと、約10~60mgのカフェインが含まれています。

 

ほうじ茶

香ばしい風味で飲みやすく体にやさしいお茶。

煎茶用の茶葉から取り除かれた茎や、下級品の全茶屋番茶などを炒って作られるお茶です。

渋みや苦みがほとんどありません。

 

さっぱりした味で胃にも優しいので、病気の時などにおすすめ。

脂っこい料理を食べたあとや、お酒を飲んだ後にもよく合います。

ほうじ茶のカフェイン量は100mlあたり、約3.1mg。

(*抽出時間が長くなると、カフェイン含有量は多くなります。)

 

その点をふまえると、

妊婦さんが飲んでもいいほうじ茶の適量は、2~3杯程度になります。

 

コーラ

【まとめ】カフェインを含む飲み物一覧:コーラの缶とグラスに入ったコーラ

ユリペも、のどが渇いた時に飲みたくなっちゃうコーラ(;^_^A

コーラにも少量ではありますが、カフェインが含まれています。

 

*350ml缶参照

ペプシ38mg
コカ・コーラ34mg
コカ・コーラ・ゼロ46mg
ダイエット・コーク46mg
ドクターペッパー41mg

いかがでしたか?想像していたより多く含んでいましたか?(‘_’)

糖分も多く含みますので、飲む量には注意したいところですね。

¥1,890 (2019/12/07 00:07:49時点 楽天市場調べ-詳細)

 

カフェインを全く含まないノンカフェインの飲み物

カフェインの制限を強いられると、ストレスも感じてしまいます。

ノンカフェインのお茶なら、妊婦さんや赤ちゃんも安心して飲むことができます。

ノンカフェインのお茶をご紹介します(^^♪

 

麦茶

夏にゴクゴクと飲むイメージのある麦茶。

ノンカフェインの麦茶は利尿作用が少なく、夏バテ防止にも効果があるので、

暑い夏にはとてもよいお茶なのです。

 

たくさん飲むお子様の水分補給に最適ですね。

 

杜仲茶

杜仲茶には、鉄・亜鉛・カリウム・カルシウム・マグネシウムといったミネラルのほか、

生活習慣の予防、ダイエット効果などが期待できる成分が含まれています。

 

初めて飲む人は、少し癖を感じるかもしれませんが、

健康茶の中では比較的飲みやすいと言えます。

 

黒豆茶

カフェインを多く含む飲み物:黒豆たくさん

女性ホルモンのバランスを整えてくれる・血液の流れを良くする

体を温めてくれて、リラックス効果も期待できます。

 

また、「イソフラボン」という成分が含まれていて、アンチエイジングにも効果があります。

苦みやえぐみがないので、飲みやすく、アイスでもホットでも美味しくいただけます。

 

たんぽぽ茶

知って安心!カフェインを服ぬ飲み物一覧・まとめ:たんぽぽ

タンポポ茶はタンポポの根や葉を作って作られるお茶。

カフェインが一切含まれていないので、妊婦さん、授乳中の方でも安心して召し上がることができます。

コーヒーの代用として楽しめることができます。


たんぽぽコーヒー

森下薬農園 たんぽぽコーヒー たんぽぽコーヒー

 

*たんぽぽコーヒーはカラダにうれしいがいっぱい!妊婦さんにもオススメでした!

実際に飲んで試してみたので、詳細はこちらの記事を参考にしてください↓

森下薬農園のたんぽぽコーヒーはコーヒー好きの妊活には最適!
妊娠中はコーヒーを飲んじゃいけないの?足りない栄養をバランスよく補うには?妊娠中や妊活中のママさんに健康と栄養に関する疑問や不安がありますね。ノンカフェインのたんぽぽコーヒーで解消しましょう!

 

まとめ

【まとめ】知って安心!カフェインを含む飲み物一覧:ハートの容器に入ったホットカフェオレ

カフェイン含有量について、いかがでしたでしょうか?

ご自身の体調に合わせて、上手に摂取していきましょう。

 

あなたの好きな飲み物は何ですか?(^^♪

仕事の合間にお茶を飲みながら一息つけばリフレッシュでき、

また、だれかと一緒に飲めば話がはずみ、心に充実感がもたらされます。

 

大好きなお茶でゆっくり時間を過ごす…

とっても大切な時間ですね♪

 

ユリペでした。